p1.png

ブランド修理へ訪問下さり ありがとうございます揺れるハート

目的の修理工房家を お探しになるには、記事数が
増えてしまい 辿り着き難いと思いますので (+_+)

初訪問の方は 左側にある索引、又はカテゴリ欄より
目的の修理工房ページに 入場して下さいませ〜手(パー)

試作中のNEWぴかぴか(新しい)サイト
まだ作りかけ〜(^_^;)

p1.png


内側が ボロボロになったバッグなどの修理工房の、ご紹介〜(^_^)#4

ボロボロの内側 内張りをリペアです〜(~o~) #4

日頃 よく使う、ブランドバッグやお財布、
外側は、綺麗にお手入れしていても、
内側が破けたり、ボロボロになってしまう事も!

お気に入りのバッグやお財布は、日常的に
使用する事が多いために、ショルダーベルトや
持ち手なども 壊れてしまったり、革の傷や劣化が
目立ちますよね〜(+_+) しかし、外側だけではなく
一般的によく用いられる 合成皮革の内張りは
劣化すると、ボロボロになってしまいますから、
ダメージは それらよりも 全然大きい事が失恋

他人には見えない部分だし・・・このままでも、
まあ、いいかしら〜どんっ(衝撃) なんて方も多いはず(^^)

そのまま放置しても、いずれは直すのですから
ダメージは 小さいうちから直した方が お得です。
・・・虫歯と?一緒ですよね〜(~_~;)
中には 家の父親みたく・・しみる程度の時に
行けば良いものを 痛くなるまで放置して、
痛い目をし さらにお金も たくさん掛かる!
て 状態になるまで治療しない方もいますがわーい(嬉しい顔)

内張りも 同じで ほったらかしはダメですよ。
高級なブランドでも、内側は合皮を使う事が多く
その材質は ポリウレタン系のものが殆どです。
ところが、それらは加水分解して劣化する事が
避けられません。どんなに手入れをしても
劣化が避けられないのですね〜(>_<)・・・、
ゴムが、長い間にその機能を無くす様なものです。

ブランドの内側・カブセ.jpg

内側(カブセ)が、ひび割れて来た様な感じで、
ほぼ寿命を 全うした、とお考え下さい。
その後は、ボロボロになるまで使っても
別に差し支えはありませんが、やはり・・・
あまり気分の良いものではありませんから、
お早めに、修理工房やリペアのお店に相談です。

ヴィトンの場合 正規品の場合では、保証が
付いております、10年以内なら無料でするんるん
また シャネルも同様に、無償での交換。
このように、無償でのリペアを実施してる
ブランドも中にはありますから、とりあえず
メーカーのカスタマーに、お問い合わせです。

近くに 製品のディーラーなんかが 無い時は
街の修理工房などに お願いするのが一番ひらめき
そこで、今回は ブランドの内側、内張りの
張替え工房をご紹介いたしましょう〜(^^)/
今回は 第四回目です、兵庫県神戸市に在る

山澤工房 さん。

遠くの方でも、簡単に修理代を見積もってくれます、
その方法も・・・、
”デジタルカメラまたは 携帯のカメラカメラで撮影、
フォームまたは Eメールに添付してください。
デジタルカメラで 全体と、破損している部分を
撮影していただきます。破損部分は良くわかる様に
角度を変えて 3〜5枚撮影して下さい。

その画像を、Eメールに添付して
( repair@yamazawa-kobo.com)へ お送り下さい。
デジタルカメラが無くても 携帯電話の
カメラで撮影 そのままの画像を 携帯電話から
送っていただく と言う方法でもかまいません。”

との事ですから、ボロボロ失恋になってしまった
皮革バッグで お困りの方は相談して見ましょう。
お店の詳細や、依頼フォームなどは下のリンクで。

山澤工房さん
posted by ブランド修理さん at 19:54 | 内側の修理 張替え工房です。
最近のコメント
ブランドの修理揺れるハート トップに戻る。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。