p1.png

ブランド修理へ訪問下さり ありがとうございます揺れるハート

目的の修理工房家を お探しになるには、記事数が
増えてしまい 辿り着き難いと思いますので (+_+)

初訪問の方は 左側にある索引、又はカテゴリ欄より
目的の修理工房ページに 入場して下さいませ〜手(パー)

試作中のNEWぴかぴか(新しい)サイト
まだ作りかけ〜(^_^;)

p1.png


LOEWE〜(^_^)v 皮革そのものに こだわるなら!

LOEWE〜♪、ロエベですよ〜。

本日も、ジーンズの修理は お預け〜(^_^;)
またまた、わたし事のコーナーなんです〜るんるん

昨日の記事の中で申した ブランドバッグを
ヤフオクで とってもお安く落札いたしまして
もう直ぐ、手元に届くのですが・・・、
あまりメジャーとは言えない? ブランドです。

知っている方は、ご存知でしょうが、
このブランド、実は由緒ある 物凄いメーカーなんです。

元々は王族や貴族、富豪のみを対象にしていた
超高級・皮革製品の工房が出発点でして、
その身分の高い方々に納める 主な商品は、
革革製の 高価な宝石箱などを手掛けていました。
エルメスなんかも、ロシア皇帝やナポレオンさんに
納品していたことは、有名なお話ですが・・・、
その方たち専門!となると、こちらの方が上ですぴかぴか(新しい)

そこに、ドイツ人の職人さん、
エンリケ・ロエベ・ロスバーグ さん
(Enrique LOEWE Roessberg 1844年ドイツ)が、
スペインのマドリードを訪問した際、
この工房を知り、職人達の技術、そして素材や
品質の高さに 大変感銘を受け、弟子入りしたのです。
パートナーとして この高級品工房で働く事になります。

それが、今回 私が落札し 首を長くして
待っている LOEWE の始まりと その経緯でして、
実際 使う 元の皮革自体への拘りが物凄いメーカー。
子羊さんから取れる、ごく僅かな部分のみを使用です。
もう、少しこの点を詳しく説明しましょうね〜ひらめき

LOEWE.jpg

ロエベと言うブランドの凄さは、素材へのこだわり!
大変それに拘り、超が付く高品質な革を使用します。
仔羊皮をなめした、ナッパ素材を使用していて、
使用するのは、わずか数パーセントとも言われますがく〜(落胆した顔)

それゆえとても丈夫です。 そこまで拘り選りすぐられ
作られたバッグや皮革製品ですから、耐久性にも優れ、
30年以上も愛用されている方も居られるほどなんです手(パー)

そのロエベさん、弟子入りした工房がルーツですが、
今では 皇族・貴族以外でも購入できるわけでして、
これをほっておく手はありませんよね〜(^_^;)
ヴィトンなんかより遥かに高品質で、安いんですから!

当然、ロエベさん自身も、最初は貴族向けの
皮革製品の製造が中心だったでしょうが・・・、
そのクォリティの高さが評判となり、LOEWEの名前は、
ヨーロッパを席巻していくことになりまして、
後に、スペイン王室御用達のブランドに成長したのです。

特にその皮革自体の物凄さ、世界最高水準の品質と
評されるほど、革の加工に定評があり、現在では
バッグや財布などの小物類と、お洋服が有名ですよ揺れるハート

そして、スペイン国内で生産される 皮革の品質上位の
3%を独占できる権利を持っていて、グッチや、
ルイ・ヴィトンなどは、それよりも低ランクの革を
使用せざるをえない程ほどで、何を言わんかや!です。

ロエベは節操の無い 中国の粗悪コピーみたいな、
安かろう・悪かろう失恋、なんて代物ではなく全くの逆!

loewe01.jpg

安かろう・超・良かろう〜揺れるハートの 超お勧めブランド。

実際、エルメスと並ぶ 大変な皮革品質で、
ルイ・ヴィトンやグッチより、遥かに安いとなれば、
買う方とすれば、購入者冥利に尽きますもの(^^)v

皆さんも、知っておきましょうね・・・LOEWEるんるん

ついでですから、ロエベのサイトのリンクでも

LOEWE japan
posted by ブランド修理さん at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | わたし事のコーナーです (^^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
ブランドの修理揺れるハート トップに戻る。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。