p1.png

ブランド修理へ訪問下さり ありがとうございます揺れるハート

目的の修理工房家を お探しになるには、記事数が
増えてしまい 辿り着き難いと思いますので (+_+)

初訪問の方は 左側にある索引、又はカテゴリ欄より
目的の修理工房ページに 入場して下さいませ〜手(パー)

試作中のNEWぴかぴか(新しい)サイト
まだ作りかけ〜(^_^;)

p1.png


傘の修理をして下さる、工房のご紹介です〜番外編#3


傘の修理工房をご紹介しましょう〜番外編#3


本日は、少し趣向を変えて男性に向けた記事です。
いつも 女性を対象にした記事が多いですから、
今日は 男の方を対象に、のお話をしましょ 手(チョキ)

かさの修理工房の番外編るんるんの最後ですが・・・、
今回は 男性向けのブランド傘のお話です〜(^_^)v

HERMES傘.jpg

p01.png


傘の修理〜の番外編#3 雨

イタリア製も良いのですが 私のお勧めはイギリス製ぴかぴか(新しい)

イギリスで、FOXと並んで有名な傘ブランドといえば、
長〜い お名前のスウェイン・エドニー・ブリッグです。

何故か?と 理由を聞かれたら、ちゃんとその訳が・・・

スウェイン・エドニー・ブリッグさん、日本向けに
開発して下さった製品を 発売しているからなんです。

同社の歴史は大変古く、今から250年以上も前のこと
馬具屋さんのスウェイン&エドニーと、傘屋さんの
トーマスブリッグ&サンズ が一緒になった事で、
その歴史が始まった見たいです・・・そう言えば
エルメスも 馬具屋さんから大きくなったんですね。
大御所ブランドには、馬具が関係してきますね〜ひらめき

そのブリッグですが、実は日本の傘メーカーさんと
手を組んで、日本の風土に合った傘を開発しています。
お勧めする理由、ポイントはここだったのです〜るんるん

皆さんご存知の様にイギリスは 雨と言うより
霧雨が多く 傘よりトレンチコートが大活躍するお国。

一方、私達の日本は、霧雨は少なく 雨そのものは
粒状ですから、そのままブリッグ製の傘を持ち込んでも
傘へのストレスも 想像以上に大きいらしいのです。

逆に言えば、英国製の傘さん、日本の雨には全く
向いていないのですね〜(>_<) そこで、コラボ〜♪
日本の傘メーカー、ムーンバットさんとコラボで、
粒雨の多い日本の気候風土に適した傘さんを製作〜揺れるハート

少々お値段が・・・(^_^;)、なのですが、男の方も
こう言う傘さんを お持ちになれば 大切に扱うでしょわーい(嬉しい顔)
飲み会なんかを2〜3度キャンセルするか、或いは
ボーナスが出た時に、一本買われて見ては如何です。

もちろん紳士の国のブランドですから、鞄なんかも
ブリッグさんから発売されていますので、トータルで
コーディネートされるのも いいかも知れませんよ手(パー)

briggの傘.jpg


p01.png


私の独り言のコーナーです。

仕事も一段落つき、定時にお家家に帰れる様になり、
気分も軽やか〜、春爛漫(・・・もう少し後かな。)

でも、今日は春の嵐が私の地元では吹き荒れています。

こんな日は、傘さんは 会社においておいて
ロッカーに入れてある、雨合羽さんとゴム長などを
しっかり着込んで、嵐の中を帰ってきました。、

春は 一雨ごとに 段々暖かくなってくる・・・、
と 言いますが、うっかりと 薄着で出社したため
今日の この雨は かなり寒かったです〜(+_+)

明朝まで この様なお天気が続くみたいですから・・・
仕事も片付き、気が抜けた状態でノホホンとせずに
温かい格好で出社して、気を入れ直さなくっちゃ手(チョキ)

やはり、ある程度 気を張っていないと・・・、
人間って 何処か抜けちゃうところ 大ですもの・・ねひらめき

明日から シャっきり、スイッチ入れ直しましょう。
posted by ブランド修理さん at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 傘、小物などの 修理工房です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115559100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
ブランドの修理揺れるハート トップに戻る。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。