p1.png

ブランド修理へ訪問下さり ありがとうございます揺れるハート

目的の修理工房家を お探しになるには、記事数が
増えてしまい 辿り着き難いと思いますので (+_+)

初訪問の方は 左側にある索引、又はカテゴリ欄より
目的の修理工房ページに 入場して下さいませ〜手(パー)

試作中のNEWぴかぴか(新しい)サイト
まだ作りかけ〜(^_^;)

p1.png


傘の修理工房のご紹介。日本縦断・東北編#1

傘の修理工房ご紹介〜日本縦断 【東北編#1】

今日から 傘の修理工房は、本州に上陸です〜。
東北地方にある、評判の良い 傘の修理工房を
皆さんに ご紹介して参りますので、ご期待です〜ひらめき


briggの傘.jpg


p01.png


それでは、
傘の修理工房〜東北地区編の 第一回目 るんるん

ご紹介のお店は、福島県の 郡山市にあります。


わたなべ洋傘店 さん。

郡山駅の西口を出ると、商店街の中を真直ぐに
広い道路が伸びているそうです。 そのさくら通りを
少し歩くと、右側に この傘屋さん雨があるのです。

市販されている日傘とはひと味もふた味も違った、
小粋な傘が、沢山ショウインドーに飾られてるそうです。

今回ご紹介の傘屋さんのご主人 渡辺健次さんは
この工房の2代目なのです。 1930年に 洋傘店を
創業なされたのは お母様だそうで、和裁で身を立てつつ、
洋傘の技術を取得なされ 専門店を始められたそうですよ。

当時、傘は手軽に買えるものではなく、なんとなんと
注文して作るものだったそうです。 そのため、
傘は大変な貴重品で・・・、一度作った傘さんは、
それこそ どうしようもなくなるまで 修理しながら
使う、と言う とても貴重な製品だったみたいぴかぴか(新しい)

そんな時代を観てこられた ご主人が 心を込めて
修理して下さる工房が、今回 皆さんにご紹介する
この かさ屋さんなのです。 
近くにあるのなら 私の傘も、お願いしたい程です。

わたなべ洋傘店
〒963−8005 福島県郡山市清水台2-1-16
電話(Fax)0240-922-8311
お問い合わせは ken-mika@amber.plala.or.jp
午前8:30〜18;30
休店日(日曜日、年末年始、盆休み)

お店の詳しい詳細などは、下のリンクからどうぞ〜手(パー)

わたなべ洋傘店


p01.png


☆ 今日の 私の独り言〜(~_~) のコ〜ナ〜るんるん

私の住んでいる地方は、かなり暖かさが増してきて、
もう 春の様相大ですが、皆さんの所はどうですか。

今年は 2月がとても暖かく、春の様な陽気でしたから
このまま 2月中に春になっちゃうのかな〜(@_@;)
って、油断していたら 3月になってから豹変です・・・、
寒い日が多くなり まるで2月と3月が反対のようでした雪

ポカポカの2月は、車を運転する時、お父さんなんか
クーラーをいれるほどでしたが、3月には暖房〜(>_<)
・・・でも こんな変な陽気も 漸く終わりのようです。

そして、そんな気候に翻弄された一番の被害者さんは
桜の花です・・・、

ポカポカ陽気に誘われ、なんと2月にはパラパラと
山の中が、薄桃色に色づきはじめたものの、
3月になってから、冷え込んでしまいましたから、
早合点した桜などは すでに散り始めました(>_<)

翻弄されずに、ジッ〜と我慢していた 賢い桜さんは
いま芽吹き始めてはいますが・・・ いつものように
山全体が綺麗な桃色に染まる事も無く アチコチが、
歯抜けのような感じで、これも温暖化の影響かな〜失恋
と、忍び寄る その脅威を 身近に感じています。

吉野山にバイクを飛ばして、お花見ツーリングをるんるん
と、密かに目論んでいるのですが・・・、
もしかしたら 吉野の桜も・・・、歯抜けかも(^_^;)

桜の下にいると、アホになる??と人は言いますが、
アホになってもイイから?山全体が桃色を見たいな〜揺れるハート
posted by ブランド修理さん at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 傘、小物などの 修理工房です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
ブランドの修理揺れるハート トップに戻る。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。