p1.png

ブランド修理へ訪問下さり ありがとうございます揺れるハート

目的の修理工房家を お探しになるには、記事数が
増えてしまい 辿り着き難いと思いますので (+_+)

初訪問の方は 左側にある索引、又はカテゴリ欄より
目的の修理工房ページに 入場して下さいませ〜手(パー)

試作中のNEWぴかぴか(新しい)サイト
まだ作りかけ〜(^_^;)

p1.png


ヴィトンを創る素材!の お勉強をして見ましょう。

3793_1.jpg
ヴィトンって、何製〜?
皮革なのかしら〜(@_@;)

ヴィトン (ビトン) を、
構成する元々の素材は、
何なのかしら〜?って
考えた方もおられる・・
と思い、お勉強の時間。

とりあえず、ヴィトン、
と言えば、モノグラム
異論がお在りの方もおられるでしょうが、
一般にヴィトンと言えばこれでしょうひらめき

モノグラムをメインに 調べました(^^)/
本国公式サイトを開き、翻訳を熟読です。

本体を構成する物は、皮革ではなく、
エジプト綿でした。
キャンバス地に使われているトアル地は、
塩化ビニールを加工したエジプト綿なのです。
もちろん、ヌメ革の部分は本革です手(パー)

モノグラムラインは非常に耐久性に優れ、
お手入れが行き届いた製品は、半永久的に
使用できる見たいですが・・・・・、
やはり使用状況や、扱い方状況の如何では
数年の内に、衰えたりもするようです(+_+)

使用後のお手入れは、このサイトの記事で
何種類も紹介しておりますから、
割愛させて頂きますが、
特に長期の保管には、注意が必要のようです。 
と言うのも、このトアル地は塩化ビニールどんっ(衝撃)
仕舞い込んで、同じ形のまま置いておくと、
固まって、変な形のままになってしまいます。

モンスリやバッグ類などは、中に詰め物をし、
内ポケットファスナーは 全て開いてから、
ここにも 型崩れを防ぐための詰め物をいれ、
シリカゲルなどの、湿気を取り除く、
乾燥剤を入れておくと良い見たいですよ〜るんるん

カビも劣化を助長させる 原因の一つで、
日本はそれでなくとも、湿度の高い国ですから失恋

posted by ブランド修理さん at 12:14 | ヴィトンなどの素材について。
最近のコメント
ブランドの修理揺れるハート トップに戻る。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。