p1.png

ブランド修理へ訪問下さり ありがとうございます揺れるハート

目的の修理工房家を お探しになるには、記事数が
増えてしまい 辿り着き難いと思いますので (+_+)

初訪問の方は 左側にある索引、又はカテゴリ欄より
目的の修理工房ページに 入場して下さいませ〜手(パー)

試作中のNEWぴかぴか(新しい)サイト
まだ作りかけ〜(^_^;)

p1.png


ヴィトンやシャネルなど ブランドのエナメル製品の お手入れ方法の説明です〜(^^)/

LackSpray1.jpgエナメルや、皮革製品は、
面倒がらず、お手入れしましょ〜(^^)/

今回はエナメル製品ですハートたち(複数ハート)

備えもせず 何もせず、
雨水などが かかって、
シミができちゃった〜
・・・では 遅いです失恋

前の記事中で述べた通り
残念ながら、すっかりと
綺麗に、皮革のシミを
取る方法はございません!

出来てしまってからは、何をしても、
絶対!元に戻りませんから、まずは
面倒がらずに 備えましょう〜(^^)
外へ持ち出す前に 必ず!する事は、
防水加工だけでも しておく事ですexclamation×2

では、エナメル のお手入れです。

少し前の記事で ヴィトンの
モノグラム・ヴェルニについてお話しましたが、
ヴェルニもエナメルですので、
この記事も ヴェルニを例に進めましょうひらめき

ヴェルニは、光沢を蘇らせるのがポイント。
光沢を出すため、この製品は表面がエナメルです。
エナメル部分は見た目、表面がツルツルで、
汚れや湿気に強いイメージをお持ちでしょうが、
実は 油分指紋 ホコリ等を吸着しよい素材なのですどんっ(衝撃)

それらの汚れを そのまま放置しておくと、
後々手入れが大変となり、落ちにくくのなります。
さらに、エナメルの特性として、温度変化や、
湿気にも大変敏感な素材で、同じような素材を
くっつけて並べておくと 張り付いてがく〜(落胆した顔)
取れなくなることもありますから、ご注意を!

気温の低い所におくのも厳禁です!
エナメルが、ひび割れしたりする場合もあり、
そうなれば、補修のしようがありませんから、
冬の寒い時期などは、屋外放置などしないことです。
このように、湿度が高い時期や、気温の低い
季節などは特に注意をいたしましょうね(^^)/

それと、エナメル製品は色にも注意が必要です。
他の製品の色が付いてしまった場合、
それを綺麗に落とす事が難しく、困難なので、
製品同士、重ねて仕舞い込むなども止めましょうexclamation×2

お手入れは、使った後ホコリを落したり、
汚れをふき取るのですが、その場合、
エナメルの表面全体を布で軽く程度でいいですよ。
あまり 硬い物でゴシゴシすると細かいキズが
エナメル表面に出来てしまいますから、
なるべく、柔らかい布で、優しくハートたち(複数ハート)が原則です。
乾いた布を使用するのも、忘れずに。

エナメルの 保護・艶出しには コロニルの製品、

ラックスプレー(エナメル)が、お勧めです。

posted by ブランド修理さん at 14:55 | ルイ ヴィトンの修理・リペア。
最近のコメント
ブランドの修理揺れるハート トップに戻る。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。