p1.png

ブランド修理へ訪問下さり ありがとうございます揺れるハート

目的の修理工房家を お探しになるには、記事数が
増えてしまい 辿り着き難いと思いますので (+_+)

初訪問の方は 左側にある索引、又はカテゴリ欄より
目的の修理工房ページに 入場して下さいませ〜手(パー)

試作中のNEWぴかぴか(新しい)サイト
まだ作りかけ〜(^_^;)

p1.png


ヴィトン、ヌメ皮革製品のシミ対策(^^)

monsuri1.jpgヴィトン、ヌメ皮シミ対策(^^)/

もうすぐ、毎日毎日、
雨ばかりの日が続く、
梅雨の時期が来ます。

今の間に少しでも 仕舞い込んでる鞄や
皮革製品など、風通しの良い外に出して、
十分に 陰干しをいたしましょう〜ぴかぴか(新しい)

また 手垢や皮脂等 見落とした 汚れ等も、
その時にチェックして、ケアー用品を用い
お手入れしておけば 後に シミが出来た〜ふらふら
などなど、ガッカリしないでお済になります。

さて、梅雨の時期雨を前に、毎日使う
愛用の皮革製品のお手入れ、についてですが
皮革、特に余計な加工を施していないヌメ皮は、
ナチュラルな皮革だからこそ、逆にとても繊細で、
デリケートな革皮、と言う事になりますから、
雨染みによる 嫌なシミ跡などが、すぐに付きます失恋

この様に ヴィトンのヌメ皮は、お手入れしないと
後々、後悔することの多い革の代表なんですね〜(-_-;)
毎日使う事で、ジワジワと日焼けさせ、皮革の
色変化を楽しめるのですが・・・・、それもちゃんと
ヌメ皮のお手入をして、初めて言える事なんですよひらめき

色変化を楽しむ前に、買ったばかりで・・・、
雨染みの 汚いシミを作ってしまったら、
元も子も無いですからね! 今の間にお手入れですどんっ(衝撃)

ヴィトンのヌメ皮製品を購入したら、即!
防水スプレーで防御してあげる癖をつけましょうね手(パー)
また、手垢・皮脂などによる油膜が付いたままでは
折角のケアー用品が、浸透しづらくなりますから、
柔らかい布などで 綺麗にふき取った跡、
フッ素系成分の、防水スプレーなどを使い
ヌメ革の敏感な性質に合う優しい製品で、皮革の
呼吸を妨げないように気をつけてあげましょう。

コロニルのウォーターストップスプレーや
ナノプロスプレーがお勧めですし、価格もお手頃です。
皮革製品の鞄の使用頻度により異なりますが、
最低でも月に1度は、きちんと防水保護しましょう(^^)
さらに 梅雨時期は、雨染みだけでなく、
濡れたままで放置すると、カビの発生も(+_+)どんっ(衝撃)

なので、1番手の掛かる時期になる訳ですが・・・、
大切なヴィトン、毎日使っている間に、
ドンドン愛着も出てきますから、面倒がらず、
梅雨の期間、きちんとお手入れをしてあげる事で、
ご自分が お婆さんになってまで、ヴィトンを、
側に置いて置けます。お互い大切に使いましょ〜揺れるハート

posted by ブランド修理さん at 11:56 | 革製品のお手入れ方法です。
最近のコメント
ブランドの修理揺れるハート トップに戻る。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。