p1.png

ブランド修理へ訪問下さり ありがとうございます揺れるハート

目的の修理工房家を お探しになるには、記事数が
増えてしまい 辿り着き難いと思いますので (+_+)

初訪問の方は 左側にある索引、又はカテゴリ欄より
目的の修理工房ページに 入場して下さいませ〜手(パー)

試作中のNEWぴかぴか(新しい)サイト
まだ作りかけ〜(^_^;)

p1.png


革と皮の違いを、皆さんご存知でしたか〜(~_~)

皮革製品の 革と皮について

皆さんも 何気にパソコン打っていて、
「かわ」とか「かわせいひん」と入力し、
文字変換キーを押して 実行すると・・・、
必ず?と言っていいほど、
変換ソフトさんは、皮革、・・・と 表示 ひらめき

私も 随分昔から、気にもとめずに
この変換された文字を そのままにして、
文章を続けていた時代がありました(~_~)
今では その違いをしっかり把握していますが、

在る時 ふと疑問に思いはじめ、辞書や本で
調べた事があったんですが・・・、
皆さんも それらの漢字の 意味の違いを、
あまり気にせず 使っているかもしれません(^^)
そこで、今回は それをテーマにした記事でするんるん

始め人間 ゴン.jpg

え〜っと、革と皮の違い ですが・・・、
皮に対する 革と言う漢字が、当て字とか?
お思いかもしれませんが、製品の規格として
きちんと それらは、定義されているようなので、
簡単にですが、説明しておきます〜(^_^)v

☆ まず、どちらも「かわ」を現しますが、
正しくは 「皮」を表すのは 動物から剥いだ
生の状態の製品なんです、無加工の状態。
動物の体を覆っているのが、皮〜(~_~;)
それを、「皮」と言う漢字で表現します。

対し「革」を指し示すのは、その「皮」を
私達がいろんな目的で、加工した状態のもの。
例えば お持ちのブランドバッグや お財布など、
普段 皆さんも触れているものですが、
それらに使われる「かわ」を「革」として
分類されているようなんですね〜(^^)/

そういう事で、言われて見れば、何となく、
イメージが できるでしょうるんるん

ここまでお話したら、もう少し詳しく・・・、
動物から剥いだ状態の生皮は、そのままでは
腐ったり 乾くと固くなり、更に臭い(+_+)です。
生皮をいつまでも腐らせない! しなやかさを
失わない! と言うような状態に皮を加工します。
この加工を、[なめし]と言いますが・・・、

この皮と革の明確な違いは、なめしという、
処理がされているか否か の有無によって
区別されているんです。また、なめしとは
動物の生皮の主成分要素の、脂肪などの
腐敗する要素を取り除き、コラーゲンの繊維を
残すことです。そして、生皮をなめした物を、
「革」と呼んでいるんですよ。

始め人間ゴン!(古いですね〜(~_~;)・・・)の
一家が 身にまとっているのも毛皮ですが、
その彼等も、この なめしを終えた状態の
革!なんでしょう・・・そして なめし技術の
歴史は大変に古く、すでに こうした原始人の
頃から在った様でして、始め人間ゴン一家は、
捕まえた動物を解体した後、その動物の内臓や
血液に、剥がした皮を漬け込みました。

ギャートルズ.jpg

一番初期の頃にあった なめし!と言う
腐乱防止の処置技術の構築が、これですぴかぴか(新しい)

彼らが身に着けた、動物の毛皮と言う服が、
現代 私や皆さんが使う「」の起源なのかも。
この様に 皮革は、昔からとっても身近な・・・

と言うより、必然な生活必需品だったのですね。
posted by ブランド修理さん at 12:55 | 革製品のお手入れ方法です。

エルメス・バーキンのお手入れ。 バーキンと言っても 別に変わりませんよ〜(^^)

バーキンのお手入れ方法

一つ前の 私ごとのコーナーの続きです〜(^^)/
バーキンとは、銘打っているんですが、
何も バーキンとか、エルメスに限らず
ヨーロッパブランドの皮革製品などは、
概して、日本国内の高い湿度での長期保存や、
その使用を、一般的には考慮されていません(>_<)

なので、これらヨーロッパ系のブランド製品を
購入なされた方は、ご自分できちんと管理ですひらめき
これら皮革製品を 長〜くは、使わない時は
防湿保管庫なんかに 大切に仕舞っておくのが
一番良いのですが・・・、

そんなもん 置いている一般家庭なんて、
私の周りでも、まず 聴いた事がありません(~_~)
質屋さんなどに、親しいお友達が居られるのなら、
預けておかれるのが 良いんですけど・・・、
間違って 流されてしまったら大変ですよわーい(嬉しい顔)

さて、バーキンのお手入れですが・・・、
バーキンには何通りも 違う種類がありますが、
ほとんどは、それに用いる皮革の素材の違いです。
普通でも、大変高価なバーキンが 滅茶苦茶に
高価なスペシャルバーキンもなったり、
何とかすれば 私達にも買えるバーキンにも
なったりします・・・軽乗用車を買うこと思えば
買えちゃうんですね〜、フツ〜のバーキンならぴかぴか(新しい)

そんな バッグの王様 女王様のバーキンですが、
お手入れは、なんら普通のバッグと変わりません。
定期的にきちんと、革製品用の防水 保革 栄養の
要素を心掛ければ 良いだけです。
詳しくは下の革製品のお手入れを見て下さい

きちんとお手入れしましょ!
 
丈夫で、製品の質の高い バーキンのことです、
ちゃんと持ち主さんが お手入れしていけば、
この先、数十年は、楽に使えるでしょうね〜るんるん
バーキンを お手入れ出来る人が羨ましい・・・
お手入れしたくっても 私は持ってません(~_~;)

小室哲哉さんの逮捕劇から発展したこの記事、
ついでに、と言っちゃショルダー・バーキン
失礼でしょうが・・・バーキンの原点とも言える、
オータクロア も私は大好き、バーキンよりも揺れるハート

もともとは、エルメス自体が 馬具製造業者です、
その流れを引き継ぐバッグとして作られたのが
この 大好きな オータクロア。

エルメス オータクロア.jpg

100年以上も ほぼ同じカタチで作り続けられてる、
と言う とっても なが生きサン の鞄なんですから、
ちょっと驚きでしょう〜ぴかぴか(新しい)

エルメスの 原点ともいえるオータクロアは、
エルメス好きの上級者さんや、エルメス社内の
スタッフ間では バーキン以上の人気ですって手(チョキ)
なんだか、それも分る気がする、長生きバッグ。

その内 オータクロアか バーキン、あるいは
ショルダーバーキンを持てれば嬉しいですが(^_^;)
posted by ブランド修理さん at 11:58 | 革製品のお手入れ方法です。

ヴィトンのリュック、久々にお手入れ〜(^^)/

モンスリを、久々にお手入れです〜\(~o~)/

かなり、お天気も秋らしくなって来ましてるんるん
暑い上に、天候が安定しない、ここひと月の間、
あまり使用していなかったヴィトンのリュックを
先ほどまで、陰干しをしていたのですが、

これから キチンと栄養を与えてあげましょう〜揺れるハート
と、いろんなグッズを引っ張り出したところです。
細部を良〜く、監査しますと 隅っこの方に
ゴミなどが 付着しておりこのままだと、
カビの生える、原因にもなりかねません〜(>_<)

良かった良かった〜、と 日頃の作業の必要性を
感じて、ホっとしているところなんですよ〜♪
さて、そのお手入れ方法は、他の皮革製品と
あまり変わりませんが、このリュック・・・、

モンスリの場合、財布や鞄などと比べたら、
かなり大きさがことなり、相当におっきいです!
つまるとこ・・・、お手入れ用品が 一気に消費どんっ(衝撃)

なので、これらの製品を手入れする時は、
常備している(していない方は、失格ですよわーい(嬉しい顔)手(チョキ))
ケアー製品の良にも要注意を払いましょうね!
と言うのも 今回私も、お手入れ用品の在庫確認を
してみたら・・・、栄養となるコロニルの
ディアマンテが、ほとんど在りません〜(+_+)/

この分量でしたら、半分ほどの個所をぬれる程度で
手入れを続行すると・・・下手すれば、
半分ぬっておいて、後の部分は・・後日って事に!
製品を注文して届くまで、その状態で置いて
置く事になります。

続けて作業をすれば、なんだかまだらになりそうで
一旦中止〜! と、作業を止めて ネットで
注文を出したところです。そしてこのブログを
書いているのですが・・・、皆さんも
ブランド品のお手入れをなさろうとする時は、
事前に、お持ちのお手入れグッズの在庫確認を
してから、作業を始めましょうね〜(^^)/ ・・・
という、
自分の失敗談ふらふらを述べた 今回の記事でした手(パー)

そして、注文する時にいつものサイトを開いたら、
かなりお得な製品キットが登場していましたので
ご報告も兼ねての、記事更新です〜。
その製品とは、ヴィトンのお手入れセットです。
その名も、

ルイ・ヴィトン モノグラムお手入れセットるんるん

モノグラムお手入れセット.jpg


今回、ディアマンテを注文するのと一緒に、
私も これを一つ注文しておきました、かなりお得ぴかぴか(新しい)

その製品についての詳しい詳細のページを
ご紹介しておきますので、興味のある方は
下のリンクから、覗いて見て下さい〜(^^)

ルイ・ヴィトン モノグラムお手入れセット
posted by ブランド修理さん at 14:11 | 革製品のお手入れ方法です。

ヌメ皮を 水に濡らした場合の対処方法(^^)/

monsuri3.jpg
ヌメ皮を不覚にも?間違って、 
水に濡らした場合の対処方法。


ヌメ皮のお手入れについて
私の 記事の中で、何度も、
記載しておりますが・・・、

不覚にも、水の災難に遭い
ヌメ皮部分に水が掛かり、
そして・・・、するべき、
防水加工を施していなかった〜(>_<)
と言う時の、対処方法を簡単にお話し致しましょう手(パー)

まず最初に言っておかなければならないのは、
必ず その部分はシミどんっ(衝撃)になってしまいます(T_T)
それで、何度も何度も くどいほど、防水加工を!  
と、申しているわけなんですが・・・・、
起こってしまったものは、仕方がありませんので、

それで起こる シミを、なるべく目立たないよう
早めの処置を、ほどこす事に致しましょう(^^)/

まずは、雨や水分など 濡れて汚れた
ヌメ皮部分を よく拭き取りましょう、
その後で、濡れた部分を含め 皮革部分全体を、
水で まんべんなく濡らします。
(シミを 綺麗に消す事は、全く不可能な事失恋
ですから、実際は、その部分をぼかし 全体として、
目立たなくする!ような感じだ、と思ってください。)

次にする事は、製品の中に、キッチンタオルや
ティッシュなどの 吸収力の強い紙などを
ごっそりと詰め込み、愛用のバッグやお財布が
型崩れしてしまう事を防ぎましょう。 後は、
風通しの良い、直射日光が当たらない所で、
自然乾燥させる事です。 

このとき 慌てて、ストーブの側やエアコンの下
あるいは 暖房器具や、ドライヤーなどを用いて、
強制的に製品を乾かすのは×、元も子も無いです。
気長に、のんびりと乾いて行くのを待ちましょう晴れ

乾いた後は、必ず防水加工を施し、次に
水などが掛かっても 大丈夫な様にする!、です手(パー)
防水処理をしたからと言っても 油断大敵、
なるべく二の舞は避けるように 心掛けましょう(^^)/

また、ヌメ皮は 乾いた後、
カサカサになるようでしたら、薄〜く
ゲル(デリケートクリーム)を 皮革製品全体に、
均等となる様 延ばすように塗ってあげて下さい。

この時も 真ん中から大胆がく〜(落胆した顔)に塗らず、お持ちの
ブランド製品の皮革との相性もありますので、
(いきなり風合いが違ってしまったりすると・・・
ショックでしょう(-_-;)・・・) 目立たない
部分で、シミや変色の変化が無いかどうか試し、
大丈夫そうだな〜、て時は大胆に真ん中から
薄〜く 満遍なく、オイルを伸ばしましょうね〜晴れ



posted by ブランド修理さん at 14:53 | 革製品のお手入れ方法です。

ブランド皮革製品が 1番苦手なベタベタの時期です(^_^;) きちんとお手入れしましょ!

Gucci06.jpg
くっつきますよ〜(>_<)

ブランドの皮革製品などを
大事に仕舞っておいたのに、
どれどれと 開けてみますと
・・・・大ショックがく〜(落胆した顔)失恋

まさか こんなはずでは・・・
とお嘆きにならないように
これからの時期、きちんと
お手入れ しなおして見るのも
あとの祭りを避ける方法の一つですから、
押入れや、クローゼットになおし込んでる
愛用のブランドを出して見て、検閲しましょう(^^)/

長〜く ムシムシ ベタベタ(+_+)の 毎日が続く、
日本のこれからの時期、するとしないでは、
大切な愛用品の寿命をも左右しかねない訳ですから!
それでは 簡単な、この梅雨時期の皮革製品の
安全な乗り越え方について記事にしてまいります。 

つい最近見たから私のはOKよ〜ひらめきと言う方も、
是非この機会に、もう一度出してみましょうね。
と言うのも・・・、

皆さんは、バッグなどの外側ばかりを
気にしておられる方が多いのですが・・・問題は、
その内側の方が この時期危ないのですね〜どんっ(衝撃)
どうでしょう? バッグの内側までは、きちんと
調べておられなかったのではないですか〜わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

たとえエルメスシャネル、あるいは日本で
人気の高い ルイ・ヴィトングッチなどの有名な
ブランドバッグの場合でも、内側は・・・汚れよい
シミになり難い、水分などがこぼれても大丈夫、
それに軽量化など・・・、いろんな理由で、
合成皮革を用いている場合が多いものなんですねひらめき

ですが、その合成皮革とはいえば、あまり湿気に
強い素材とはいえず、くっつき易いのが難点なのです。
それゆえ、一度くっついてしまったら・・・
正直もう手の施しようがありません。
即・リペア工房 修理工房に入院の憂き目に遭遇です!
下手すれば、もう おしまい〜(T_T)って事も。

外の方は まだとても綺麗で十分使用に耐える
状態であるのに、内側が・・・、てな事を避けるため
簡単な保存方法を施してから、仕舞い込みましょう晴れ

内側がボロボロ ベタベタのトラブルを防ぐには、
1番簡単な方法は、ティッシュペーパ〜揺れるハート
中に乾いたティッシュを丸めて入れておくだけでも
全然違うんです、そのうえ乾燥剤など・・・
焼き海苔の食べ終わった使い古しでも?一緒に
入れておけば、ほぼ大丈夫、安上がりでしょう〜わーい(嬉しい顔)

さらに 1番まずいのは、製品同士をくっつけて
保管する事、この時期カビの繁殖が活発ですから!
ベタベタになるのは カビが原因の事が多いのです。

湿気があるだけでは カビは来ません、使っている
間に 内・外側に付着した手垢や油、それに鞄の中に
入れたものなど、 諸々の汚れからカビが出来るのです。
特に内側は、見落としがちですから・・・、
ブラシなどを用いて、綺麗にしてから、バッグ同士を
くっつけないようにして、なおしましょうね〜手(チョキ)

間違って 隣どおしに置いていたブランド製品の
バッグ、リュックなどがくっついてしまい、さらに、
色移りなどしてしまうと、悲しいなんて通り越します。
特に エナメル素材にはこの時期気を使うことですよ。

最後にあまり知られてない事ですが・・・、
ブランド製品購入時に付属する高級感溢れる
ネルの収納袋ですが・・・、実はあまり通気性に
優れているとは言えないんです (-_-;) なので、
この時期は、風通しの良い場所で保管する事ですよ眠い(睡眠)

posted by ブランド修理さん at 14:34 | 革製品のお手入れ方法です。

ヴィトン、ヌメ皮革製品のシミ対策(^^)

monsuri1.jpgヴィトン、ヌメ皮シミ対策(^^)/

もうすぐ、毎日毎日、
雨ばかりの日が続く、
梅雨の時期が来ます。

今の間に少しでも 仕舞い込んでる鞄や
皮革製品など、風通しの良い外に出して、
十分に 陰干しをいたしましょう〜ぴかぴか(新しい)

また 手垢や皮脂等 見落とした 汚れ等も、
その時にチェックして、ケアー用品を用い
お手入れしておけば 後に シミが出来た〜ふらふら
などなど、ガッカリしないでお済になります。

さて、梅雨の時期雨を前に、毎日使う
愛用の皮革製品のお手入れ、についてですが
皮革、特に余計な加工を施していないヌメ皮は、
ナチュラルな皮革だからこそ、逆にとても繊細で、
デリケートな革皮、と言う事になりますから、
雨染みによる 嫌なシミ跡などが、すぐに付きます失恋

この様に ヴィトンのヌメ皮は、お手入れしないと
後々、後悔することの多い革の代表なんですね〜(-_-;)
毎日使う事で、ジワジワと日焼けさせ、皮革の
色変化を楽しめるのですが・・・・、それもちゃんと
ヌメ皮のお手入をして、初めて言える事なんですよひらめき

色変化を楽しむ前に、買ったばかりで・・・、
雨染みの 汚いシミを作ってしまったら、
元も子も無いですからね! 今の間にお手入れですどんっ(衝撃)

ヴィトンのヌメ皮製品を購入したら、即!
防水スプレーで防御してあげる癖をつけましょうね手(パー)
また、手垢・皮脂などによる油膜が付いたままでは
折角のケアー用品が、浸透しづらくなりますから、
柔らかい布などで 綺麗にふき取った跡、
フッ素系成分の、防水スプレーなどを使い
ヌメ革の敏感な性質に合う優しい製品で、皮革の
呼吸を妨げないように気をつけてあげましょう。

コロニルのウォーターストップスプレーや
ナノプロスプレーがお勧めですし、価格もお手頃です。
皮革製品の鞄の使用頻度により異なりますが、
最低でも月に1度は、きちんと防水保護しましょう(^^)
さらに 梅雨時期は、雨染みだけでなく、
濡れたままで放置すると、カビの発生も(+_+)どんっ(衝撃)

なので、1番手の掛かる時期になる訳ですが・・・、
大切なヴィトン、毎日使っている間に、
ドンドン愛着も出てきますから、面倒がらず、
梅雨の期間、きちんとお手入れをしてあげる事で、
ご自分が お婆さんになってまで、ヴィトンを、
側に置いて置けます。お互い大切に使いましょ〜揺れるハート

posted by ブランド修理さん at 11:56 | 革製品のお手入れ方法です。

ヴィトンのヌメ皮の お手入れ方法について〜♪

momsuri2.jpg
ヴィトンと言えば、ヌメ皮です〜(^_^)


ヌメ皮 ヌメ皮と呼ばれる、
ヘンテコな名の それですが、
お茶に入っている成分として
知られる、ポリフェノールを
用い なめされた皮の総称です。

植物ならば、そのほとんどに
含まれる、ポリフェノールを
総称しタンニンと呼びますが、

そのタンニンのみで加工された皮を使用し、
染色や塗料などを使わず仕上げた皮革が
ナチュラルレザー・・・、ヌメ皮なのですぴかぴか(新しい)

もちろん、一切の加工を致しませんゆえに、
素材そのもの の良さ、が問われます。
さらに もっと突き詰めれば、なめされる
元皮からして、良い素材を選ぶと言う事です晴れ

ヴィトン定番である、モノグラムのベージュ部分、
主にバッグ、に使われる事が多いのが、ヌメ皮です。

ヴィトンが高価で、高い!と言われる所以は、
その素材の良さ、素晴しさ!なのですね。

皆さん、お使いのヴィトンを大事にしましょ〜♪

また、使っていれば、ヌメ皮の日焼けによる変色は、
どうしようもないのですが、シミは防げます!
防げるのに 予防をしない人が多いのも事実ですどんっ(衝撃)

特に簡単で効果があるのに していないのが防水加工!
雨による、ヌメ皮のシミ!です、一度でも、少しでも、
濡らしてしまったら、テキメンに出来ますものね(+_+)
モノグラムをお求めになられたら、買われた後は すぐ、
早めに!防水スプレーでガードしておきましょう〜exclamation×2

使用中のバッグや小物の場合は、何度もかける必要は
ありませんし、1度スプレーした後 少し置いて、再度
スプレーする程度でも 十分ですから、面倒くさがらず
施工しておくと、後で後悔せづに済みますよ。

スプレー後は少し、皮の色が濃くなった見たいに
感じられるでしょうが、しばらくすれば、
馴染んできますのでご安心〜♪ 半日ほど置くと、
防水スプレーが浸透しますから、
革の部分を柔らかい布などで 乾拭きすればOKです。

たった これだけの事で、雨や水による、
嫌なシミが防げますから・・・、貴方がお使いの、
愛着のあるヴィトンの革製品には、
最低でも これくらいの事をしてあげましょうよ 揺れるハート

posted by ブランド修理さん at 01:42 | 革製品のお手入れ方法です。
最近のコメント
ブランドの修理揺れるハート トップに戻る。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。