p1.png

ブランド修理へ訪問下さり ありがとうございます揺れるハート

目的の修理工房家を お探しになるには、記事数が
増えてしまい 辿り着き難いと思いますので (+_+)

初訪問の方は 左側にある索引、又はカテゴリ欄より
目的の修理工房ページに 入場して下さいませ〜手(パー)

試作中のNEWぴかぴか(新しい)サイト
まだ作りかけ〜(^_^;)

p1.png


皮革バッグなどの 持ち手の汚れを落としませんか〜(^_^)v

皮革バッグの 持ち手の汚れを落としませんか〜♪

今回は、鞄の修理工房ご紹介では ありません〜(^^)

皮革バッグなどの黒ずんだ部分(持ち手の部分など)の、
汚れを自分で 綺麗に落としてみましょう〜って記事です。
レザーソープ製品も ご一緒に 紹介しましょうね〜るんるん


汚れ〜.jpg


p01.png


皮革製品の 持ち手のお手入れにチャレンジ〜手(チョキ)

皆さんは、乾拭き程度で済ませていると思うのですが
実は、ちょ〜簡単ひらめきに、綺麗に出来るんですよ。

それにはレザーソープが必需です、用意しましょう。
お持ちで無い方は、コロニルの製品が お勧めです。

コロニルレザーソープなら使い方もとっても簡単です。
ムースタイプのアワアワを綺麗な布にとって作業開始。
そして、この製品は、汚れを落としながら、栄養を
与える下さるので、二度手間要らずなんですよ〜ぴかぴか(新しい)

そのレザーソープを使い、クリーニングです。
ピンポン位の大きさで 片面の汚れを落とせますから、
これ1本あれば、かなり長〜くもちます。
バッグ全体を綺麗にしたら、今日の主役部分です。

必ず汚れる 持ち手部分なのですが・・・、ここは
消しゴムタイプの ソフトガミって製品で優しく、
ゴシゴシと 消しゴム感覚で消しちゃいいます。

あまり力を入れると駄目です! 優しく消しましょう。
なにせ ヴィトンなどのブランド製品の持ち手部分は、
デリケートで知られるヌメ革が 使われてますから手(パー)


sofuto gum.jpg


また あまりにもひどい汚れの場合、これでは駄目。
ドレスインプレグニーラーを、柔らかい布に取ります。
この製品は汚れを分解し、防水効果を発揮するんです。
ただ、とっても揮発性が高いので、作業は素早く〜わーい(嬉しい顔)

綺麗になったら、持ち手のヌメ革部分も製品全体と
同様にレザーソープでしっかりと磨いてあげれば完成。
ただ 持ち手部分は、磨きづらいですから見落としの
ないように、磨き残しの無いよう点検しましょう〜目

これだけで見違えるほど愛用品が綺麗ぴかぴか(新しい)になります。
ますます 愛着も沸いて来ますから、ぜひ皆さんも、
ご自分の皮革バッグなどを、磨いてあげませんか〜黒ハート
長〜く 手元において置きたいでしょう〜(~o~)

ワンちゃんや 猫さんばかり可愛がってないで・・・犬
たまには バッグにも 愛情を分けてあげましょうね。


p01.png


★今回使用したクリーニング用品はコロニルですが、
それらについての価格や詳細は 下のリンクでどうぞ。



コロニル・ドレスインプレグニーラー

コロニル・ソフトガミ

コロニル・レザーソープ
posted by ブランド修理さん at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 革製品の汚れ落し用品です。

皮革バッグなどの汚れを落とす ユニクリームのご紹介〜(^^)


皮革製品の汚れを落とす 評判の良い製品。
コロニルの、レザーソープ について。


皮製品は、 面倒がらずに お手入れする事です(^^)
備えもせず 何もせず、雨水などが かかって、
シミができちゃった〜(>_<)・・・、では遅いですよ。

最近の皮革製品の 防水対策用品には、
防水効果はもちろん、汚れを付き難くしてくれたり、
さらには、皮革に栄養を与えてくれたりもする
大変便利な、お手入れ用品も存在するのですから、
前以って 最低でも 防水加工を施しておきましょう手(チョキ)

以前、ブログの方の記事に書いた通りですが
残念ながら、すっかりと 綺麗に
シミを取る方法は、何処にも ございません(T_T)

出来てしまってからは 何をしても、
絶対に、元に戻りませんから・・・、まずは、
面倒くさがらずに きちんと備えておく事ですよ。
そうすれば 突然の雨にあっても 怖く無いのですから。

その作業が完了したら、雨も怖くないし
汚れも付きにくくなり、さあ、気持ちよく
皮革製品を、外に持ち出しましょう〜ね(~o~)
このサイトで紹介した事のある、コロニルの
ナノプロや、ウォーターストップスプレーなどを
施しておけば、それらが効果的に働き、
その後の お手入れなんかも 本当に楽なんでするんるん

が・・・、それでも 毎日使ってますと、
紫外線による日焼けなど、どうしても
避けれないものは仕方にとして・・・汚れや 脂 埃等、
外出する事により、付けてきた 余計なモノは
簡単な お手入れをする事で、皮革製品の
ダメージを最小限に抑えれますから、
そのつど、メンテナンスしてあげましょう。

では、色々ある皮革製品用のケアーグッズを、
何度かに分けて 紹介してまいりましょう〜(^_^)v
安心できる製品は、ザルゼンブロット社のコロニル。

その中で、今回ご紹介するのは、皮革バッグなどの
汚れを落としてくれる、レザーソープ製品です。

コロニル・ユニクリーム

unicreme.jpg

コロニルの ユニクリームは、老朽化した革を
引き締めながら、製品の持つ風合いを、損なう事なく
汚れを落としてくれます。 また、革の色の鮮明さを
復活させる働きもある、便利なクリーナーなのです。

使い方も、簡単で 埃を落とし、綺麗な布に
湯にクリームを少量とり、のばしながら汚れを取り除き、
あとは、綺麗な布で 乾拭きするだけです。
とても簡単で 1個手元において置けば、重宝します揺れるハート

☆対象となる皮革は、スム-スレザー(銀面)や、
デリケートレザー・ヌメ革などです。   (ヌバックや、
スエードなどの起毛革、爬虫類革、エナメルは使用不可)
爬虫類の皮革・・・パイソン、ヘビ革、リザード、クロコダイル、
オーストリッチなどには専用の、エキゾチックスプレーですよ。

製品の詳しい詳細は、コロニルのHPにて どうぞ(^^)

コロニル・ユニクリーム
posted by ブランド修理さん at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 革製品の汚れ落し用品です。

ブランド品、皮革製品の汚れ落し用品を ご紹介致します〜(^^)/

081507unicreme.jpg皮革製品は 面倒がらずに
お手入れしましょう(^^)/

備えもせず 何もせず、
雨水などが かかって、
シミができちゃった〜失恋
・・・、では遅いです!

前に書いた、通り
残念ながら、すっかりと
綺麗にシミを取る方法は
ございません(T_T)/

出来てしまってからは、何をしても、
絶対!元に戻りませんから、まずは
面倒がらずに 備えましょう〜(^^)

突然の 雨にあった時などでも、
前もって、防水加工をしていれば、
何も怖くは無いのですから手(パー)

以前このブログで 紹介しました、
コロニルの、ナノプロや
ウォーターストップスプレーなどを
使用していれば、それらが効果的に働き、
後の手入れは、本当に楽でするんるん

その作業が完了したら、雨も怖くないし
汚れも付きにくくなります。 さあ、
気持ち良く 外に持ち出しましょう〜(^^)/

が・・・皮革は 毎日使ってますと、汚れます。
紫外線による日焼け等 避けれないものを除き、
汚れや、脂 ほこり等、外出する事により、
付けてきた 余計なモノは 簡単な手入れをする
事で、そのダメージを最小限に抑えれますから、
そのつど、メンテナンスしてあげましょう。

では、色々と革製品ケアーグッズを
何度かに分けて、紹介いたしましょう〜ひらめき
皮製品に対し、安心できる商品・製品は
やはり、ザルゼンブロット社のコロニルです。
その中で 今回は、ユニクリーム

コロニルの ユニクリームは、老朽化した革を
引き締めながら製品の持つ風合いを損なう事なく
汚れを落とします。また、革の色の鮮明さを
復活させる働きもある、便利なクリーナーです。
埃を落とし、綺麗な布に少量とり、のばしながら
汚れを取り除き、綺麗な布で 乾拭きするだけです。
とても簡単で 1個手元にあると助かりますよ(^^)/

製品の詳細は下のホームでどうぞバッド(下向き矢印)
-collonil(コロニル)-、ユニクリーム。

posted by ブランド修理さん at 17:12 | 革製品の汚れ落し用品です。

ブランド品、皮革製品の汚れ落し用品を ご紹介致します〜(^^)/

081507Reiniger.jpg
皮革製品は 面倒がらずに
お手入れしましょう(^^)/

備えもせず 何もせず、
雨水などが かかって、
シミができちゃった〜失恋
・・・、では遅いです!

前に書いた、通り
残念ながら、すっかりと
綺麗にシミを取る方法は
ございません(T_T)/

出来てしまってからは、何をしても、
絶対!元に戻りませんから、まずは
面倒がらずに 備えましょう〜(^^)

突然の 雨にあった時などでも、
前もって、防水加工をしていれば、
何も怖くは無いのですから手(パー)

以前このブログで 紹介しました、
コロニルの、ナノプロや
ウォーターストップスプレーなどを
使用していれば、それらが効果的に働き、
後の手入れは、本当に楽でするんるん

その作業が完了したら、雨も怖くないし
汚れも付きにくくなります。 さあ、
気持ち良く 外に持ち出しましょう〜(^^)/

が・・・皮革は 毎日使ってますと、汚れます。
紫外線による日焼け等 避けれないものを除き、
汚れや、脂 ほこり等、外出する事により、
付けてきた 余計なモノは 簡単な手入れをする
事で、そのダメージを最小限に抑えれますから、
そのつど、メンテナンスしてあげましょう。

では、色々と革製品ケアーグッズを
何度かに分けて、紹介いたしましょう〜ひらめき
皮製品に対し、安心できる商品・製品は
やはり、ザルゼンブロット社のコロニルです。
その中で、今回は ライニガースプレー

ライニガースプレーは、デリケート、ソフト、
スムースレザー製品に付着している、グリース、
タール、油性のシミ、カビなど 余分な光沢剤を
クリーニングしてくれるクリーナーです。

埃を落とし 缶をよく振り 布等に拭きつけ、
皮革の汚れた部分にライニガースプレーを
付けて下さい。その後 すぐに綺麗な布で
汚れをふき取るだけの 簡単メンテナンスです。
これ一本あれば、とても簡単で重宝します〜晴れ

詳しくは、下のコロニルのホームでどうぞバッド(下向き矢印)
-collonil(コロニル)- ライニガースプレー

posted by ブランド修理さん at 17:00 | 革製品の汚れ落し用品です。

革製品、ブランド品のお手入れ用品を ご紹介致します〜(^^)/

leathersoap.jpg
皮革の製品は 面倒くさがらずに
お手入れを しましょうね〜(^^)/


備えもせず 何もせず、
雨水などが かかって、
シミができちゃった〜失恋
・・・、では遅いです!

以前の記事に書いた通り 残念ながら、
すっかりと綺麗にシミを取る方法は ございません!

シミが出来てしまってからは、何をしても 絶対元に
戻りませんから、面倒くさがらず備えましょうね〜(^^)

突然の雨にあった時でも、防水加工をしていれば、
慌てなくても良いし 水滴も恐くもないのですから手(パー)

その作業が完了したら雨も怖くなく汚れも付き難くなり、
さあ 皮革バッグを気持ちよく お外に持ち出しましょう。

以前、私のブログの中で 簡単に紹介しましたが、
ナノプロや、ウォーターストップスプレーなどを
使用していれば それらが効果的に働き、後々の
お手入れなんかも 本当、愕くほど楽なんでするんるん

が・・・、それでも 毎日使ってますと、汚れます。

紫外線による日焼けなど 避けれない要因を除き、
汚れや、皮脂、脂 ほこり等、外出する事により、
付けてきた余計なものは ご自分で 簡単なお手入れを
する事により、ダメージを最小限に抑えれますから、
そのつど、丁寧にメンテナンスしてあげましょうね揺れるハート

では、色々と革製品ケアーグッズを何度かに
分けて、ご紹介いたしましょう〜るんるん 皮製品に対し、
安心できる 商品や製品は、やはり、
ザルゼンブロット社のコロニルと言うブランドです。

その中で、今回は レザーソープです。
レザーソープは、老朽化した革を引き締め汚れを
落とし、同時に栄養を与えてくれるムースタイプの
製品です。皮革本来の 色の鮮明さを 復活させて
くれる働きもある革用のフォームクリーナーです。

使い方もとっても簡単で、バッグなどの皮革表面の
ホコリなどを、丁寧にはらった後、柔らかで 綺麗な
布に、ムースを少量とり、バッグ全体に延ばしながら
汚れを取り除いて行きます。そして 乾いたら、綺麗な
布で 乾拭きするだけの 簡単メンテナンス製品です晴れ

このお勧め商品の詳細などは 下のHPで どうぞ〜♪

-collonil(コロニル)- レザーソープ

posted by ブランド修理さん at 00:35 | 革製品の汚れ落し用品です。

ブランド品、革製品のお手入れ用品を ご紹介致します〜(^^)/

081507SOFTGUM.jpg皮製品は 面倒がらずに
お手入れですよ〜(^^)/

備えもせず 何もせず、
雨水などが かかって、
シミができちゃった〜失恋
・・・、では遅いです!

以前の記事に書いた通り
残念ながら、すっかりと
綺麗にシミを取る方法は
ございません(T_T)/

出来てしまってからは、何をしても、
絶対!元に戻りませんから、まずは
面倒がらずに 備えましょう〜(^^)

突然の 雨にあった時などでも、
前もって、防水加工をしていれば、
何も怖くは無いのですから手(パー)

その作業が完了したら、雨も怖くないし
汚れも付きにくくなり、さあ、気持ちよく
外に持ち出しましょう〜\(~o~)/

以前このブログで 紹介しました、
コロニルの、ナノプロや
ウォーターストップスプレーなどを
使用していれば、それらが効果的に働き、
後の手入れは、本当に楽でするんるん

が・・・、それでも 毎日使ってますと、
紫外線による日焼け等 避けれないものを除き、
汚れや、脂 ほこり等、外出する事により、
付けてきた 余計なモノは 簡単な手入れをする
事で、そのダメージを最小限に抑えれますから、
そのつど、メンテナンスしてあげましょうね。

では、色々と革製品ケアーグッズを
何度かに分けて、紹介いたしましょう〜るんるん
皮製品に対し、安心できる商品・製品は
やはり、ザルゼンブロット社のコロニルです。

その中で、まずは部分的な汚れを
落す製品で、collonilの ソフトガミです。
デリケートな特殊皮革(ヌメ革、ラム、シープ、
カーフ等)の部分的な汚れを除去できます。
革用消しゴムタイプの クリーナー。

使用方法は、汚れた部分を 消しゴムのような
使用感覚で落としてくれます。
ただ、あまり強くゴシゴシすると
色が落ちてしまいますから、優しくね手(パー)
製品の詳細は下のホームでどうぞ
バッド(下向き矢印)
collonilの 汚れ落とし ソフトガミ

posted by ブランド修理さん at 00:07 | 革製品の汚れ落し用品です。
最近のコメント
ブランドの修理揺れるハート トップに戻る。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。